不動産のことなら全てシーエフネッツにご依頼あれ

昨今の賃貸物件

家とお金

賃貸物件では昨今、家賃債務保証会社を利用しているケースが多くなっています。入居者の家賃滞納が増加し、その上、経済的余裕がない連帯保証人が存在しているのが賃貸経営の現状です。よって、確実な家賃債務保証の確保が必須、及び、急務となりますが、確実性はビジネスにしていることで証明されますので、家賃債務保証会社が利用されているのです。利用したからといって、費用がかからないことも利用する大きな理由となります。もっとも、入居者にとってもメリットはあります。入居の際、家賃債務保証会社と契約しなければならないとなると、入居以外の経済的な負担が発生します。しかし、家賃債務保証会社との契約を入居条件にしている賃貸物件は、敷金や保証金が不要、または減額されていることが多いのです。家賃債務保証会社を利用することにより、家賃債務保証の心配はなくなりますので、そのような措置が講じられているというわけです。家賃債務保証会社との契約料は高くても大体、家賃の1カ月分です。従って、逆に経済的な負担が少ないということも大いにあります。また、家賃債務保証会社と契約する代わりに、連帯保証人は不要という賃貸物件も多くあります。理由は、前述した敷金や保証金に関する理由と同じです。連帯保証人になってほしいということは、なかなか頼みにくいことです。しかも、現在では、頼めるような間柄の人がいないという人も数多くいます。そういった人たちにとって家賃債務保証会社は、非常に助かる存在となるのです。